気分の悪い1週間が始まった

未分類

今日は可燃ごみ回収の日。今朝、ゴミ捨てに行った。
やっぱりある…
ビニール傘が、指定袋に入れられないまま、先週からゴミステーションに捨てられていた。
本当に、非常識な人は腹立たしい。
が、もっと腹立たしいのは、それを片付けないゴミステーション当番の人だ。
私の住んでいる町内会では、夏はゴミステーションやその周りの掃除、冬はそこの除雪当番がある。
1週間担当して隣に当番表を回す。
12軒で回しているため、3か月に1度くらいなので、そう頻繁ではない。
当番の週に旅行や長期の不在をしないように、どの週に当たるのか、私はカレンダーに記していたので、今週から家が当番になるのが分かっていた。
以前、別の人が隣に住んでいた時も、同じようにルールが守られないゴミが捨てられていて、当番である隣家の人が片付けないので、私が片付けなければいけなかった事がある。
なので、ちゃんと片付けてくれますように…と思いながら今朝を迎えた。
落胆と同時に怒りがフツフツと湧いてくる。
「なんで自分のゴミじゃないのにお金のかかるゴミ袋で出さなきゃいけないんだ!」と思う気持ちはよく分かる。
私も本当にそう思う。
でも、当番なんだから仕方がないと諦めるしかない。
私も今まで、当番の時に捨てられていた物を何度も片付けてきた。
そこにずっとそのまま置いておいても、ゴミ回収の人は持って行かない。
誰かが片付けないといけない。
それは当番の仕事。
隣の人は分かっているんだろうか。
あなたが片付けないという事は、私に片付けろと言っているのと同じ事だという事を。
あのビニール傘、長いから一番大きい指定袋にも入りませんよ。
どうにかして折って入れないといけません。
単身赴任で夫が居ないから、私がなんとかしないとなりません。
背が高くてガタイのいいお宅のご主人、できなかったんですか?
という言葉が頭の中をグルグルしている。
今週1週間、その傘を見る度に不愉快になると思うと憂鬱になる。
この事を夫に話すと「そんなの片付けてやれよ」の一言!
2年後、定年退職して帰って来たら、ゴミステーション当番はあなたの仕事ね!
その時に私と同じ不満を言ったら、そっくりそのままの言葉をお返しするわ。
そう言っても、その時にはもう覚えていないでしょうけど。
このモヤモヤ、どうやったら解消されるんだろう…